カート
ユーザー
アイテム
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 「理美容はさみ」の正しい使い方

「理美容はさみ」の正しい使い方


 

理美容はさみを使っているのにうまく切れない、 

カットしてると手や指が痛くなる......

 

もしかしたら持ち方が原因かもしれません。 

正しい持ち方や動かし方がわかると手を痛めることなく、 髪も傷めずにスムーズにカットすることができます。

セルフカットにきっと役立つ、ちょっとしたコツもご紹介します!

 

 

理美容はさみ用語

理美容はさみ用語

  

理美容師さんの持ち方

 

1. くすり指に入れて手のひらに乗せる

指掛けが付いている指穴にくすり指の第2関節まで入れます。

人差し指の付け根の部分をハンドルに置き、三角形を作ります。

理美容師さんの持ち方  

2. もう片方の指穴に親指を入れる

空いている指穴に親指を入れて、手のひらを返したら完成。 

くすり指は固定して、力を入れすぎないようにしましょう。 

理美容師さんの持ち方

 

カンタンな持ち方

 

1. 中指、親指、人差し指で持つ

指掛けがある指穴に中指を入れ、 もう片方の指穴に親指を入れます。

人差し指をハンドルに置き、三角を意識して持つと安定します。

簡単な持ち方

 

 

ワンポイントアドバイス 

切るときは「親指」だけ動かす!

親指だけ動かす

 

どちらの持ち方でも親指だけを動かすイメージで、

力を入れ過ぎないようにカットしましょう。 

 

一般的なはさみのように両方の刃を動かしてしまうと、

カットラインがガタガタになり、失敗の原因になります。

 

 片方の刃を固定させて親指だけを動かして切ると、

 刃がブレずに真っすぐ切ることができます。